子供の将来のために少しでも大学進学に有利になるようにと、子供を私立中学へ通わせたいと考える親が増えているようです。

実際に私立中学に入学すれば高校受験をする必要がありませんし、場合によっては大学受験さえも必要なくなります。

また、大学受験に役立つようなカリキュラムによる授業を中高一貫で行うことができるため、公立校に通う同世代の子よりもかなり有利な条件の下で大学受験を始めることができるというメリットがあります。

そういったことから、中学受験をする子供たちが増えていますが、志望校選びは真剣に考えて行うことが大切です。

中学受験をする子供のほとんどが第一志望の中学だけではなく複数の中学を受験することになると思います。

ただ、全ての子が第一志望に合格できるわけではありません。

仮に第二希望以下の中学に通うことになった場合、目標としていた学校と特色があまりに違い過ぎた学校に入学しては、後の学校生活のギャップに苦しむことになるかもしれません。

また、親は偏差値や進学率などで志望校を選びがちではありますが、実際に学校で勉強していくのは子供です。

無理して偏差値の高い学校に入学させても、授業について行くことができなくなれば学校生活も苦痛になるでしょう。

それに加えて、中学時期は「いじめ」という問題が発生しやすい年頃でもあります。

そういったことを考えても、子供の成長により良い影響を与えてくれる教育体制と環境の整った中学校を探すことが大事になるのです。

ですから、中学受験の志望校選びで最も重視するポイントは、受験する学校の特色を十分に見極めて自分の子供にとって最もふさわしい学校を選ぶことです
親の意見ばかり押し付けずに、子供の意見も重視しましょう。
親と子供で話し合って志望校を選ぶことが大切です。
中学受験についての詳細はこちら。
http://www.e-juken.jp/に詳しく紹介中です。
受験を成功させるためのコツを知ることが出来ますよ。